埼玉でインテリアコーディネーターが新築・リフォームのインテリアコーディネート、オーダーカーテンのご提案するアトリエワイズ

インテリアコーディネーターがお部屋をご提案アトリエワイズ

Wellcome to our website.I Will look for while enjoying the space where feelomgs are good for you.

CONTACT

BLOG

切るkiru  練るneru  組むkumu

2012年9月11日

カテゴリー:
家具 

暗号のようなタイトルですが、意味分かりませんよね。

切る・・・材料を切る。

ねる(練る・貼る)・・・これは聞きなれない家具業界の用語。実際に私も耳で聞いてはいたものの、語源がよく分かりませんでした。のりを練って、材料を貼り合わせる。そこから来ているみたいです。

組む・・・文字通り、切った材料を組んでいきます。

さて下の写真、芯とボードを切って貼り合わせパネル状したもの。

図面に書いてある寸法通り・・・ではないのです。

木の反りや狂いなど、木の持つ性質も考えられてます。

また、この辺に棚が付くので芯を入れて、とか、こっちとこっちが合わさるから、少し大きめにとか、色々考えられて作られているのです。

そして、組み上がるとこんな感じ。

ここから、棚付けたり、扉付けたり、引出作ったり、塗装したりして家具らしくなっていきます。

そうそう、こんな加工もしちゃうんですよ。

 

これは家具の後なんで、壁にくっついてしまう為、普段は見えません。

「壁にくっつく」

これがキーワードです。

そこにはコンセントがあります。潰さず使えるように欠いてもらいました。

そして床と壁の部分に立ち上がっている巾木、と呼ばれるものを避けなければ、壁に家具はくっつかないのです。

現場できっちり採寸、製作、現場で調整しながら取付、これで初めて「壁にくっつく」のです!

もちろん、壁を壊してコンセントの位置を移動するという手段もあります。

これをやると「電気工事屋さん」「大工さん」「内装屋さん・今回は塗り壁なので左官屋さん」と3つの業者さんが入ることになります。

すると・・・職人さんの人工だけを考えても数万円は掛かってしまいます。

当然工期も伸びます。

ケースバイケースですが、予算を抑えつつ「収納」を実現しつつ、見栄えも叶える。

オーダー家具ですから、出来る技です。

******************************
アトリエワイズ 金子由香里
〒351-0014
埼玉県朝霞市膝折町
TEL・FAX 048-463-5770
e-mail  info@atelierys.com
******************************

PAGETOP

Copyright (C) 2010-2015 atelier Y's All Rights Reserved

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。